上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日原宿の東急プラザに行ったのでハンズでナノブロックを買ってみました。


ここでナノブロックについて解説せねばなるまい。

ナノブロックとは世界最小のブロック一つのポッチがわずか4mmという小ささ。レゴブロックなどに比べて相当小さいので小さめのかわいい作品を作るのに向いているとの事。ちなみにレゴブロックではなくダイヤブロックの小型版らしいです。

前から欲しくてそのうちAmazonで買おうかとも思ってたんですがたまたま売ってるのを見かけたので買ってみました。


買ったのはセキセイインコ(ブルーオパーリン)

nanoblok-2.jpg

超かわいくないっすか?




こいつをうちで飼ってるセイセイインコ風の模様に配色を組み替えて作ってみました。

nanoblok-1.jpg

なぜかキット内に余剰パーツが相当ありそれなりの配色変更が可能なようです。


ちなみに↓がうちのインコ。



もうちょっと白いパーツがあればよかったんだけど余った部品の中からだけなのでこんなもんか。
我ながらなかなかの出来栄え。



元キットの羽に使ってる茶色いパーツが相当余ったので娘が余ったパーツでスズメらしき鳥をもう一匹作ってました。こちらもなかなかかわいい。

nanoblok-3.jpg



なかなか面白いのでもうちょっと揃えてみようかと思ってますはい。
スポンサーサイト
僕のカメラはSONY NEX-5N




今まで使っていたコンデジのIXY10Sの電源がなぜか入りづらくなってしまい去年待望のミラーレス一眼に買い換えました。

デジタル一眼のエントリーモデルであるEOS Kiss X5、X6i、NikonD3200あたりも考えたんですが…

・コンデジの代替機なのでなるべくコンパクト
・持ち運びしやすく軽い
・操作が簡単
・性能も拘りたい
・デザインも拘りたい
・そんなに高くない

と言った所を総合的に考えて話題のミラーレス一眼にしてみました。

ミラーレスも色んな種類があるのでひとおおりは見たんですがこのNEXの薄いボディにキャノン砲のようなレンズがついたサイバーなデザインが痛く気に入って性能うんぬん以前にこれに決めました。


買って半年位なんですが楽しいっすね~一眼カメラ!
素人の自分でも背景をぼかした単焦点の写真が簡単かつきれいに撮れて大変楽しんでます。
被写体は風景や家族写真が多いんですが今まで取れなかった暗所や動態も簡単に取れるし本当に面白い!
外出時は大半持ち歩いてます。


ただ操作に関してはたぶんそれほど操作性がいいカメラではないかな?
他と比べた訳じゃなんでなんとも言えないんですがモード切替などを少ないキーとタッチパネルで行うんですけど普通の一眼のようにダイヤルがあった方が操作しやすいように感じました。

あと最近このカメラでも模型も撮影するようになりマクロレンズが欲しくなってきました。
標準レンズだと接写の場合どうしてもピントが合わせづらいんすよね~

Amazonで調べてみたらそれほど高くないんで考えてみようかなー。



落としたら割れる。そう、iPhoneならね。




先日ドライブがてら藤沢市にあるテラスモール湘南に買い物にいったんすよカミさんと。

カミさんのウインドーショッピングが長いのでそこから離脱して一人でうろうろしてたんすね。
そしたら、もよおしてきた訳ですよビックなやつが。それはそれはビックなやつが。

慌ててたんすね…慌ててトイレに駆け込もうとズボンのポケットに携帯が入ってると邪魔かと思いiPhoneを取り出した瞬間・・



Σ(;゚Д゚)アッー!



スローモーションで落ち行くiPhone5… 買ってまだ二ヶ月のiPhone5… シュプレヒコールの波~ 通り過ぎてゆく~ 変わらない夢を流れに求めて~ (BGM:世情/中島みゆき)


落っことしちゃった…
そうは言ってもそんな簡単に割れたりしないだろうあはははって割れてんじゃん!!

もう超ショック。大事にしてたのに。画面がバックリ割れてしまいました。
前のiPhone4は2年使ってて落とした事がほぼ皆無だったので特に落下に気を使わずケースも簡易的なものに入れていたせいか衝撃に耐えられなかった様子。

ひとまず動作は問題ないので使ってますが画面見るたびに陰鬱な気分になります。



そこで修理をした場合どれくらいかかるのか調べてみました。

修理をするとなると選択肢は2つ

・Appleストアで修理
・業者でガラスの交換

となります。
業者でのガラス交換は調べたところ安いところだと4000円くらいから15000円くらいで交換をしてくれるそうです。なんか幅があるな・・・
修理も持ち込めばその場ですぐやってもらえる様子。
メリットとしては正規よりは安い点でしょうか。

ただ正規ではないので業者で修理した場合Appleの保証が一切受けれなくなるそうです。あと動作不良が起こる可能性があるらしい…。確かにあの精巧な造りのiPhone5を業者で分解ってなぁ・・ちょっと不安が残ります。


なのでやはりAppleで修理をしてもらおうと考えてます。
ただ保証修理できる訳ではないのできっと高いよなー。


最寄のAppleストアは渋谷店が一番近いんですがあそこいっつも異様に混んでるんですよねー。満員電車乗ってるような人口密度で修理の予約をして時間通り行ってるにも係わらずまたされる不思議。


あとはAppleストアではないですが最近立川に「クイックガレージ立川」というAppleの正規サービスプロバイダーがオープンしました。
電話で確認したところガラス割れも対応してもらえるそうな。

なんでも国内ではiPhoneの分解修理は禁止されているらしく故障はすべて本体丸ごと交換対応らしいです。

交換代は20800円。やっぱ高けー。
この際だから色をチェンジとかも考えたんですがそれは受け付けてもらえないらしく同じ型番の同じ色のみの交換となるようです。まぁあたりまえか。


あとはいつ交換するか。
なんでも型落ちになると交換代が値下がりするらしいです。
今は交換費用20800円だけどたとえばiPhone5Sが発売されればどの程度かわからないけど値下がりするような事を聞きました。ひとまずは使えるので待ってもいいかなーと。


ではいつiPhone5Sは出るのか
噂だと6月~7月に発表みたいのみ見かけましたが5が出たの去年の9月ですよねー。そんなに早くでるのかな。でたらいいなー。まー気長に待ちますか。




では今回の総括

う○こは慌てんな。
ツイッターをみてますと古いガンプラや80年代のキットを作ってる方をよく見掛けます。
古いキットは味がありますよねー。

最新のMGはとてもかっこいいんですがパーツ量が日増しに膨大になっていき組み立てるのだけでも大変。
νガンダムVer.Kaを改造する人などもたまに見かけますがほんと頭がさがります。どんな作業量なんだと。

自分もMGシナンジュ(素組)をずっとやってるんだけど一向に完成しない。なんかねー作っててもつまんないんすよね。
もちろん凄くいいキットなんですが良すぎちゃってるといいますか、小っちゃいパーツを何十個もシコシコペーパー掛けて、掛けても掛けても一切へらず下地塗装も塗っても塗っても減ってかない割りに苦労して作った完成品はほぼ完成見本どおり。手を加えりゃいいんでしょうけどそんな気力も実力もなし。

もちろんその完成見本通りに作ればメチャメチャかっこいいのはわかってるんですが、それを考えるとどうにも気が乗ってこないのです。


そこで気分転換に古いモナカキットを作ってみることにしました。(昔のG2000のメンバーが作ってるってのもあり)

お題は1/100グフ


うーんイカス。どーよこのずんぐりむっくり感。
MG見慣れた今となっては確かに新鮮、たしかに味がある。このまま作ってもそれはそれでありだと思います僕。


だが改造がしたいのです。改造行為をする為にこのキットを選んだと言っても過言ではないのです。盛ったり刻んだり、はたまた「かーつれーっ!アルテコ目にしみて超つれーっ!」などとミサワばりにぼやきたいのです。

1/100グフと言うと非常に完成度の高い「岡プロ」のグフが思い出されるんですが一回見出すとどうしてもそっちに引っ張られるんで一切見ないようにしました。


ひとまず大地に立ったグフ

上半身をバラバラに刻んで幅を5mmほど詰めてウエストをプラ板で8mmほど伸ばしました。
足も接合部をずらして伸ばしてるので全長でなんだかんだで2cm近く伸びてるんではないでしょうか?
ただ若干スリムすぎたので縦にもう少し詰めるか。

まだ途中ですがエポパテから削りだした右手。


こういった盛り削りをずっとやってなくてやりたかった。
MGシナンジュと違いプラモいじってる感がありとても楽しいので多少粗があってもなんとか完成までもって行きたいと思いますはい。

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。