上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HGUCゾゴックverUCが発売されたのでAmazonでポチってきましたー。

ゾゴックといえば30数年前の第一次ガンプラブーム時にすべてのMS、MA、戦艦までもキット化してしまい新製品に行き詰まったバンダイが苦肉の策でトミノメモにあったMSを無理矢理キット化した謎のMSMシリーズです。

当時は子供心に「ダサい上にセコいなバンダイ」と冷笑したものですが今見直すとこれはこれで味があると言いますかノスタルジーを感じずにはいられません。

そんなゾゴックですがガンダムユニコーンで映像化されたと思ったらなんかかっこよくなってやがる!
そしてユニコーンのキットシリーズとして30数年の時を経て初めてリメイクされました。

早速仮組みしたんですけど、やだ…カッコいい。(核バズはちん宅からかっぱらってきたGFFのもの)

zogoc01a.jpg

UCだからカトキリメイクなんですかね?よく知らないんだけど。

このバンダイが用意してくれたサプライズ、ファースト世代をバリバリ意識したリメイクをスルーする訳にはいかないのでじっくり楽しみたいと思います。






9/13までな。
スポンサーサイト
RGガンダム改パワードジム完成しましたー!
pgm01a.jpg

RGガンダムとHGUCパワードジムのミキシングビルドで製作しました。
頭は上下に幅詰め、スリッパは普通のガンダムタイプからカトキスリッパに形状変更してます。
バーニアは拳王バーニア。
ハイパーバズーカはRGガンダムMk-II用のものを使用。

pgm02a.jpg

pgm08a.jpg

pgm03a.jpg
ゴーグルはオーロラデカールを貼ってます。

pgm15a.jpg
大判デカールは昔MGプリンタで作ったものが余ってたのでそれを使用してます。
GMsystemとアルビオン搭載機のインシグニア。GMsystemってなにさ?。

pgm12a.jpg

pgm10a.jpg

pgm07a.jpg
バーニアはアルミバーニアに焼き塗装を施してあります。


パワードジムの細かな工作も終わりサフから塗装に入りました。
DSC02911.jpg
これは数日前の写真なので現時点では塗装も完了しデカール貼ってる最中。1/144はちっちゃくて思いのほか大変。


ガンダムのハイパーバズーカーをパワードジム用風味に改造(あくまで風味なので形違うじゃねーかなどの突っ込みはいらない)
DSC02912.jpg


アルミバーニアに焼き塗装を入れてみました。
DSC02917.jpg

フィニッシュ段階で細かな失敗を繰り返し同じ作業を何度もやり直してます。
早く解放されてぇ…
模型熱が冷めないうちに次の制作に入っておこう、うんそうしよう。


お題はHGUCパワードジム。

グフを始める前まで進めてたキットで表面処理もほぼほぼ終わっている為、サフチェックからの塗装で終了の予定でした。

が、顔を弄っただけの素組みでイマイチ面白味に掛けるんすよねー。

あとこのHGUCパワードジム、なんかもっさりしてるのが気になります。悪くはないんですけど全体的に太いと言いますか。


そこで!
前から作って見たかったRGガンダムをベースとしてミキシングを行い超神合体パワードガンダムロボRG(平たく言えばRGガンダムベースのパワードジム)を作ってみる事にしました。




まずベースとなるRGガンダムを組み立てます。

初めてRG作ったんすけどなにこのプラモ!
ランナーから切り離しただけで関節が既に構築されててフレームを組み立てる手間が軽減されてます。

外装パーツもパネルライン毎に部品化されてたりと今までのガンプラと構造が相当違います。

すげーなバンダイ、進化極まれりと言った印象を受けました。


ひとまずパワードジムのパーツの大きさが合うかテストしてみます。
予想通りというか基本の太さがまるっきり違う。RGがとても細く小さい。そもそもこれ本当に同じ1/144なのか?

肩アーマーとスカートは削りこんだらなんとか使えそうです。




他のパーツも切り刻んで合わせてみる事に。
移植するのは頭、胸と肩のダクト、肩アーマー、スカート、膝、ふくらはぎ、バックパックです。
ひとまず合わせてみました。

こんなもんか?


だいたいイメージは掴めたので細かいライン調整に入っていきたいと思います。

胸ダクトはガンダムとパワードジムでは形状が違うので切断してくっつけてます。



バックパックは元のディティールがチープだったのでRGガンダムのランドセルを刻んで強引にディティールだけ移植しました。



スネのブロックは大きさが全然違うため使えずプラ板の積層で作り直しました。凹ディティールが地味に面倒くさかったw



スリッパも大きさが全く違うため移植できず。
エポパテで延長したんですが…なんかこれじゃないなカトキスリッパは。もう一考必要か。




真夏になるとエアコンのない作業部屋が異様な暑さになるのでそれまでには完成させたいッ!脳がとろけるッ!

ではまたとろける前にお会いしましょう。
1/100グフ(旧キット)完成しましたー!

なんと前回作った完成品が2009年に開催した第一回モデラーズサミットに出品した1/100デルタガンダムだったので実に3年半ぶりの完成品なのです!なんてひどい模型ブログ!

なにぶん3年半ぶりの完成品なので目に余る部分もありますでしょうが生暖かい目でご鑑賞頂けると幸いです。



1/100 MS-07グフ
gouf011.jpg

我ながら全くの素グフ。なるべく設定画に併せてプロポーションをいじったつもりなのですがいかがでしょうか?

旧キットを本格的に作るのは10年ぶりくらいなのですがMGと差別化を計りたかったので市販の改造パーツは極力使用しないように改造しました。
ボールジョインと拳王バーニア以外はプラ板とエポパテ、プラパイプなどから削り出してます。

gouf021.jpg
うるさくない程度にフックやハッチディティールとコーションデカールをセットしました。

gouf10.jpg
個人的にはキットをエポパテで太くした動力パイプが大変気に入っております。MGとの差別化的な意味で。

gouf031.jpg

gouf06.jpg

gouf08-1.jpg
昔作ったデカールを切り貼りして使用しました。MDプリンターぶっ壊れちゃったんでw

gouf09.jpg
マニピュレーターはエポパテからの削りだしです。うん雑。

gouf041.jpg
哀原ドムのハッチを真似てます。哀原ドムがネタ古過ぎて意味わからんねすまんね。

gouf051.jpg
拳王バーニアの内部だけ焼き色つけてセットしました。

gouf071.jpg
昔なつかしの糸ハンダ製ヒートロッド。これがやりたかった為だけに旧グフを選んだといっても過言ではない。


追加画像
gouf30-4.jpg




一応ノーマルとの比較画像
gouf011.jpg
完成状態

gouf20.jpg
改造前

gouf22.jpg
途中画像




ひさびさに作ったんですけどガンプラはやっぱ面白いっすねー。
間伐入れず次に行きたいと思いますはい。

| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。